忍者ブログ
殆どの場合で話が脱線する駄文と日々の雑談雑記。老後に読み返して楽しんだり懐かしみたい願望。【類義語】ムダ話
unpleasant street|THE YELLOW MONKEY unofficial fan site  blog Admin  
Calendar
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Recent Entries
[2017/06/18]
[2017/05/20]
[2017/02/14]
[2017/01/27]
[2017/01/23]
[2017/01/13]
[2016/12/29]
[2016/12/27]
[2016/12/18]
[2016/12/15]
Categories
Archives
たまには毒吐き。

依存し過ぎるのはどうかと思うんだな、
本人が依存してるつもりなくても他人から見ると充分に依存してると思うんだな。

私から見ると依存しすぎてると思うよ。

厳しい言葉で言わせてもらうと、甘えてるとしか思えない人がいる。
昔の私もそうだったから辛さは分かる。分かるからこそ、あえて厳しく言いたい。

関わってる皆が自分の事を心配してくれている訳ではない、
自分が関わってる皆の中心にいると思ってはいけない。
それを迷惑に思っている人もいる、それで離れていく人もいるだろう。
自分は良かれと思ってるかもだろうけど、うんざりしている人も中にはいる。

そこを理解してほしい。

ねぇ、それでもしある時自分の今現在の状態に気付くとするよね?
申し訳ないと思える? ちゃんと迷惑かけた皆に顔向けできる?
それに対して努力できる?はっきり言うけど、その努力は結構辛いよ?
今のそれより辛いよ?逃げてそのままで生きるつもり?

・・・と、声を大にして言いたいのだが。(多分実際はもっときつい言葉で言うかも)
もうその言葉を相手に言うのもバカらしいくらいに呆れてる。

掛ける言葉は選ぶべきだけど、敢えて厳しく言いたい。
いつまでもそれを理由に甘えるなと。甘えるというより、依存し過ぎるなと。
結局のところは自分自身で頑張るなり何なりしなきゃいけないことなんだよ。
何か変わるきっかけが出来るかもしれない、でもそこから頑張るのは自分自身なんだよと。

次に会ったら絶対に言ってやる!とは思ってるけど、
実際会うと途中から呆れて言うのもバカらしくなるループなのはどうしたモノかね、困ったもんだね。
まぁ一応掛ける言葉は選ぼうとは常に思ってるけど、今はもう厳しくしか言えないな。
相手の事を思ってるからこそ厳しく言いたいとは思ってるけど、
実際のところは私の方が先に呆れてモノが言えなくなってしまうのも困ったものだよトホホ。
 
心配してるから厳しく言うよ。
心配しなくなったら私はもう何も言わない。
呆れるのすらもやめると思うよ。

いつまでもいつまでもいつまでも・・・変わらない人は嫌いだ。
良い変化の無い人は嫌いだ。
たまの「でもでもだって・・・」はまだいい、そりゃ誰にでもある。
常に「でもでもだって・・・」の思考だと困るよ。何を言っても無駄だなと思われるよ。


ちなみに私自身は強い人間ではない。偉くも無い。
変わる努力をしたから、だから敢えて厳しく言う。(言いたい)


以上、たまには毒も吐く。
Profile
名前 :紅月ミツル(アカツキミツル)
性別 :女
特技 :適当な鼻歌(特に洋楽の)
札幌に在住、出身は四国みかん県
B 型 / 牡羊座

日々楽しい事を探し楽しく過ごしたいTHE YELLOW MONKEYと聖飢魔IIが好き過ぎる不良主婦。
デザインと水彩画、やたらと細かい作業に没頭する事、時々カート走行、たまに一人旅(LIVE参戦旅行含む)などが趣味。
ジャンル問わずスポーツ観戦好きの、中でもモータースポーツ好き。 F1は1987年から観戦、今でもG.ベルガーのファン。
2001年から運営のTHE YELLOW MONKEYファンサイトは2009年に一旦閉鎖しましたが2013年に新URLで再開しました。


unpleasant street

好きなペースで生存確認を含めつつ気楽に気ままに。
今更自己紹介的な50質問
当ブログについて諸々(時々追記)

Search this site
Mail Form
誤字脱字の指摘等なんでもどうぞ。
メールフォームが正常に表示されない
場合は、自サイト内のコチラまで。

Designed by TABLE ENOCH
AD
PR
Other

CURRENT MOON
Copyright © アカツキミツルブログ(紅月ミツルブログ)   All Rights Reserved
template by nt.syu-chan.net
忍者ブログ / [PR]