忍者ブログ
殆どの場合で話が脱線する駄文と日々の雑談雑記。老後に読み返して楽しんだり懐かしみたい願望。【類義語】ムダ話
unpleasant street|THE YELLOW MONKEY unofficial fan site  blog Admin  
Calendar
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Recent Entries
[2017/02/14]
[2017/01/27]
[2017/01/23]
[2017/01/13]
[2016/12/29]
[2016/12/27]
[2016/12/18]
[2016/12/15]
[2016/12/12]
[2016/12/02]
Categories
Archives
起きると痛い!

じゃなくて、痛くて起き上がれない!

ギックリ腰で寝込み中、今日で4日目。

月曜になんだか腰の違和感があるかも?って思って就寝、
翌日火曜に起きようと思ったら起き上がれない。
うっ!これはやばい!久しぶりに本気でやばい!
そんな感じでギックリ腰、トホホ。

昨日、痛みを堪え這いつくばるように整形外科に行って診てもらったので
出された炎症抑えや痛み止めやら飲んで安静に。

仕方ないとは言え、何もできない今の自分は役立たずでポンコツだなと(苦笑)。

スマホとタブレットPCのありがたさが身にしみてるこの数日。
ノートPC開いて向かうことなんて出来ないや、起きられないから。

以上、駄文メモ。
これはまた、濡れタオル振り回して凍らせたくなる明日の予想最低気温!
とか思ったり思わなかったり。(どちらかと言えば思ってる)



早朝に、日の出前の時刻に家から出る気力があれば。



ご近所さんやマンション管理の方が早朝の雪かきをしていなければ。
つまり人目がなければ(笑)。
まぁ多分アレだ、やってるとこ見られたとしても生暖かい視線で見守ってくれる、と思ってるんだけど。
だってこっちの風物詩みたいなモンでしょ?(違うかも)

希望としては濡れタオルをピーン!とビシッ!とバキッ!と立つほどに。

胃がギリギリと痛かったり寝込んだり、最近またちと体調良くないので
具合が良ければ夜明け前に元気に濡れタオル振り回したいなと(苦笑)。

以上、本日の駄文メモ。
冷える、寒波で大変な冷え込み。
寒い通り越して痛い、そんな早朝人目のない日の出前の時間。
もしかしてこのタイミングならやれるのでは?
今なら、今ならば早朝雪かきの人の視線くらいしか無いはず!(多分)
パッと外に出てサッとやって部屋に戻れば・・・!
たまにやる(?)馬鹿馬鹿しいことは息抜きの一つ(言い訳)。

ちょっとやってくる、濡れタオル持って外に出る。

北海道に越してきたならやりたい!と思って
たかだかマイナス1℃や2℃くらいで窓から濡れタオル振って
「凍らない・・・」などと言っていた道民1年目2年目の何も知らなかったあの頃(笑)。
そしてすっかりそれを諦め&忘れてたのだけど・・・。

やってみた。
取り敢えずライヴでタオル振り回す時のようなスタイルで。

 

凍った、けど持ち方と振り方を考慮しなかったので理想の形じゃない(苦笑)。

理想は一本でピーン!って立ってるやつなんだけど。
ブンブン振るのか洗濯物干すときに捌くようにバサバサやるのか、どっちが効率良いのだろうか。
研究の余地あり。
タオルの濡らし具合やらも研究の余地あり。

自分にとっての「毎年の冬休みの課題」になりそうな気がしないでもない(笑)。
寒波タイミングと人目の有無、その時の自分の気分次第なので何年越しになるやら。

以上、本日の駄文メモ。

暖房ついた部屋に戻っても数分くらいは立ってたわ。
昨日初めてコンサート系のライヴビューイングに行ってきました。
メカラウロコ27を映画館へ見に行ってきました。

なるほどなるほど、結構みんな静かに大人な雰囲気で見るんですなぁ~。
それはそれで、そういうのもアリですよ。
さすがに現場の、生の空気感には敵いませんが、
はぁ~チケット当選してたらなぁ・・・行きたかったなー!っていう気持ちもあったけど
大きなスクリーンで堪能できたのではこれはこれで。

良かった!選曲も!全部が!

いろいろ記憶が蘇りますなぁ・・・。
でもって記憶とも重なりますなぁ。

あざとい顔したのって序盤の何の時だっけか?
おー!やっぱ凄いな流石だな!って感心したんだけど(笑)アレ序盤の何の時だったっけか・・・。

さて、来年はドームが決まったようで。
悲しい思い出しかないドームに来年は良い思い出をプラスしてやろう、などと思ったり。

以上、駄文メモ。
次の日曜ががすでに年明けだという、元日だという事実に恐ろしさ、いや驚きを隠せないでいつつ(笑)。

明日28日は映画館にライヴビューイングに行ってきます。
一次選考外れた時点で武道館への現地参戦は(珍しいことに)潔く諦めてたのだけど、
各都道府県の映画館でライヴビューイングがあるとなれば!

んな訳でライヴビューイングの先行でササッとチケットを取り、準備万端~!

今までスポーツ系のは見に行ったりしてたのだけど、
いわゆるコンサート系のライヴビューイングに行くのはは初めてで・・・
どどど、どんな感じなのかしら?などとドキドキしつつ。
暴れて踊っていいんだろうか(笑)?

今年の生でのライヴは先々週に故郷愛媛で見納めたので、明日は映画館の巨大スクリーンで。

以上、本日の駄文メモ。
水曜木曜と現地友達と現地言葉(伊予弁)で喋り倒していたので
こちらに戻ってからも要所要所で若干の伊予弁がまだ抜けない(笑)。


それはさておき、

夏の終わり頃から先月(旦那の病気発覚から手術まで)のいろいろ、
その都度その都度で誰かに話を聞いてもらうなり愚痴るなりしてれば
まだ溜まってなかったんだろうな~とは思う。
今となれば「あんなことあってさー」なんて語尾に「(笑)」が付くような感じで言うけど。
終わったからそんな感じで言えるけども。
誰かに頼っても良いのだろうけどあまり頼るのも・・・みたいな感じもあったし。
こんな時に自分が不安定になってもなぁ・・・ってなところもあったし。
本人より不安になっちゃダメだと、ここで支えないでどうする!?
なんて思って自分の踏ん張りどころだと思ってたし。
言えることもあるし言えないこともあったし、不安と心配も常にあったし。

今になって安心できる状況になったから、ちょっとぶり返してきてる感?
疲れもそうだし、不安でグラグラしてた事とかが今頃。
その都度で吐き出してりゃまだ良かったのかもねぇ。
でも不安で泣いたりしてるのを都度都度で誰かに見せてたら、それはそれでウザい(苦笑)。

この前の自分の胃カメラ結果、言われた診断内容?病名?もストレス要因大きいみたいだし。
あん時うまく吐き出してればガス抜きしてれば、今頃こんなに胃が痛くなってなかったんだろうなと(笑)。
みぞおちキリキリしたり胃痙攣など起こしたりしてなかったんだろうなーと。
そう思うわ、ストレスはダメね。
終わってホッとしてガクッ!と来てる感じに近いかな。

以上、駄文メモ。
いつものように行って帰ってきた!のメモ日記。
昨日行った!今日帰ってきた!ってのが後で自分が分りゃいいんだよぅ。

1泊2日の強行で故郷へ、多分これが無かったら帰ってないと思う(笑)。
好きなバンドのライヴ遠征で帰省できたら・・・とは常々思ってたけど。
降り立った瞬間に思うのは、暖かいぞ愛媛!
故郷離れて今はすっかり道民としての肌で感じる体感気温。
それはさておき。



わお!愛媛で18年振りのライヴ!THE YELLOW MOKKEY!
ちょっと待って、ってことは自分のあの当時のライヴの記憶ってもうそんな前なの?とビックリもする(笑)。

今回はホント、同行友達のチケ当選運そして良席運に感謝しきり!
彼女には足向けて寝れない・・・。

色々蘇るわ今回のセットリストも記憶が蘇るわ。
「あの曲こそ生で聞く機会はもう二度とないだろう」と勝手に思ってた何曲かもあり、鳥肌!鳥肌よ!
(自分の中ではあと10曲くらいあるので、それも今後ライヴで聞けるといいな)

アリーナツアーの時も自分的にこれってツボ曲だったんだな、と改めて思い知らされた曲あったけど
今回のホールツアーでもそんな発見が。
まさかコレが?と、なんでそれで涙出るか?と自分でもビックリしつつ、
友達にも「まさかこれで?」と驚かれ。(興奮して抱き着いて申し訳ない・汗汗)

いつの間にかあの曲が個人的に思い入れの強い曲になってたことに自分でビックリだ。

要所要所で目玉がポーン!ってなってあばばばば!ってのはいつもと変わらない(笑)。
それもまた楽しんだわ~。
目玉ポーン!(もし眼鏡で参戦してたらレンズがパリーン!て割れたかも)なくらい目に焼き付いたわ。
表現方法が見つからない程ボキャブラリーが無くなる程にあばばば!
いやぁ・・・ギターがとても良く見えました拝めました。ありがたい!

勝手知ったる友達と一緒にワー!キャー!
私も故郷だから、それだけで浮かれてるのもあったし気合いも入ってたし(笑)。
互いに今回のも楽しみながら18年前のこの同会場でのライヴも思い出してみたりとか。

とにかく!行った甲斐あった!
先月旦那の看病やら術後のサポート頑張った自分への褒美としての意味合いもあり。
今となればもうそういうことにしたけど。(今回の遠征は頑張ったご褒美だと勝手に位置づけ)
次にこういう機会で帰ることがあれば実家方面にも寄れるように余裕のある予定を組もうと思うわよ。

ツアーグッズとは別で、帰った記念として買った自分へのお土産はこれ。



以上、駄文メモ。
明後日はイエローモンキーのライヴで、
ライヴで故郷に帰ると言う自分の念願が遂に叶うわけですが(笑)。

その前日、明日は胃カメラ検査するわ。
不調の不調、絶不調。
胃以外は物凄く元気なんだけど、気力もあるし。
ただその部分、胃の痛みだけが酷くなって。
みぞおち部分を押さえて「痛たた・・・」ってのがしばしば。
春にカメラ飲んで逆流性食道炎はハッキリ分かってるから
それが悪化してないかor新しく別の病気出てないか診るためにカメラ検査。

ライヴ遠征から帰って来たら検査結果出てるかな?
その場である程度分かるかな?
どちらにしても年内にはハッキリさせたいので。

明日は検査終わって帰宅してから遠征の荷造りしないと。

以上、駄文メモ。
自分が口にする言い回しとか書き表現で「心臓が痛い」ってフレーズをよく使う。
(ライヴ開演前とか)楽しみすぎてワクワクしすぎて緊張で心臓が痛い~!ってな感じで。
語尾に「(笑)」の付く表現で。

夏くらいからそれ使わないようにしてた、実際に口にするのも書き言葉にするのも。

旦那の病気が発覚し、手術日が決まり、無事終わり退院し、療養も順調、
職場復帰も短時間ながらやりつつの、やっとホッとできるようになったここ最近・・・
そろそろ使い始めて良いかなと(笑)。

だってほら、実際その場所の病気だった旦那に「心臓が痛い~!」なんて私が言うのは
ちと洒落にならないでしょ(苦笑)。
終わってホッとするまでは使ったらアカンでしょ。
そんな気がしててさぁ・・・いくら語尾に「(笑)」が付いてもねぇ~。

でももう使っちゃおうかなと。
自分の判断で(笑)もう使っちゃおうかなと。

今月の半ばには故郷に帰る!ライヴ遠征で故郷に帰る!1泊強行軍だけど!
故郷に来てくれる!それを見られる!あぁぁぁ、楽しみにしすぎて心臓が痛い(笑)!

以上、本日の駄文メモ。
たぶん今月は物凄い早さで終わるんだろうな、とは思ってた。
でもって月末、思った通りの早さで今月終わることを実感中。

毎月「もう月末!?」って思うスピードとははるかに違う猛烈な早さだったわ。
確実にそうなるだろうな~とは思ってたけど(苦笑)。

術後退院後の初通院での経過も良いようで。
旦那本人も安心、私も安心。
たまの不整脈とか、ちと貧血気味だとかその点は気にしなきゃだけど。
私も気を付けて見てなきゃだけど。
手術した中の方(笑)は良いとして、開胸で切断した胸骨。
そこがまだくっ付いてないから上半身の動作にも注意しつつ。
観音開きの扉の開閉とか深呼吸の動作みたいに胸を張る感じとか
上半身をひねるとかそういうのはダメなので
うっかりそんな動作にならないように見てるこっちも気を付けつつ。
息切れしないから心臓も苦しくないからもう大丈夫!みたいな気でいるけども
平たく言うと骨の方はまだ大怪我してるようなモンだからそこ本人には自覚して頂きたい(苦笑)。

手術痕の変化も凄いね~。
ちょっと前は指でグッとやったらビリッて裂けそうだったのに(例えよ、例え!)
今はくっついてます!裂けません!感があるし。
人間の回復力って凄いわ~と、自分じゃなくて旦那で確認(苦笑)。
そんな余裕も出てきつつ。

ちょっとずつ職場復帰、徐々に時間延ばしてフル出勤予定。
ま、ここまで良くなればこっちもホッ。

来月からはちょっとずつ、我が家的な日常に戻りつつ。
私も私の日常平常に戻しつつ。

以上、駄文メモ。
Profile
名前 :紅月ミツル(アカツキミツル)
性別 :女
特技 :適当な鼻歌(特に洋楽の)
札幌に在住、出身は四国みかん県
B 型 / 牡羊座

日々楽しい事を探し楽しく過ごしたいTHE YELLOW MONKEYと聖飢魔IIが好き過ぎる不良主婦。
デザインと水彩画、やたらと細かい作業に没頭する事、時々カート走行、たまに一人旅(LIVE参戦旅行含む)などが趣味。
ジャンル問わずスポーツ観戦好きの、中でもモータースポーツ好き。 F1は1987年から観戦、今でもG.ベルガーのファン。
2001年から運営のTHE YELLOW MONKEYファンサイトは2009年に一旦閉鎖しましたが2013年に新URLで再開しました。


unpleasant street

両方とも好きなペースで生存確認を含めつつ気楽に気ままに。
今更自己紹介的な50質問
当ブログについて諸々(時々追記)

Search this site
Mail Form
誤字脱字の指摘等なんでもどうぞ。
メールフォームが正常に表示されない
場合は、自サイト内のコチラまで。

Designed by TABLE ENOCH
AD
PR
Other

CURRENT MOON
Copyright © アカツキミツルブログ(紅月ミツルブログ)   All Rights Reserved
template by nt.syu-chan.net
忍者ブログ / [PR]